Macライフ

【パソコン副業スキルなし】mac一台で全てのOSをカバーでき、開発から制作ゲームまでほぼ全部をカバー!

「俺のMac、お前のより年式も古いしスペックも低いけど、結構重いソフト立ち上げても全然落ちないしフリーズとかもしないし安定して使えるよ」

お洒落なmacで仕事用にwindowsを動かせるって最高じゃない?次の休みはカフェでmacしながら、仕事の資料つくり!その前に、ParallelsDesktopをダウンロードしてみて!

macでwindowsを動かせればいいんだぁ!エクセルだけでなく、Officeなど仕事用のアプリは全てwindows版でいいんだと!macでストレスなく仕事できる!
どうもmac版エクセルが使いにくい!会社のPCではエクセルをサクサク動かせるのに、、、macで作った資料を会社で開くと文字化けしてたり、形式が崩れてたり。修正に時間が掛かってしまっていた!

パラレルズデスクトップは、Macユーザーなら必須アプリ!

パソコン副業スキルなし


→この記事で紹介する製品の公式サイトこちら!

断然アプリの数がマックの方が多いと思い始めたのに、仕事上はWindowsパソコンを使う機会が多く知識の持ち腐れになる

こんな悩みはありませんか?

・MacとWindowsの両方を使う必要があるが2台持ち
・WindowsとMac間でファイルのデータ転送をするのがめんどくさい
・MacユーザーなのでWindowsのアプリが使えない
・新しいMacにしたらAppleシリコンなのでBootCampでWindowsが動かなくて困っている
・キーボードがWinと違うことと価格の問題でWinの購入を拒否してた
・圧倒的に数が多いPC用のゲームをやりたい
・windowsのPCを新しく買うより、仮想マシンで使えるようにしたい

そのモヤモヤをあきらめてませんか?

macでwindowsを使いたいなら、それが実現できるサービスを使わないとできない

そのまま放っておくと…

・Windowsが使えないと仕事が進まないので他の人に迷惑がかかる
・Windowsでしか動かないソフトを使わないと、納品できず、代金がもらえなくなり生活に困ってしまう
・互換性の問題で仕事が進まなくなりトラブルに繋がる
・ゲームだけは得意なのに、Windowsパソコンを扱えないとわかると同僚に馬鹿にされる
・Windowsアプリを諦める
・今までWindowsで購入したソフトが無駄になるし、新たにMac用を購入するとお金がかかる
・ワード、エクセル、パワポ資料のレイアウトがくずれて納品できない

その気持ち分かりますねぇ…

複数人で楽曲制作をする際にデータのやり取りが楽になる。

思い切って使い始めたら、仕事も生活もガラッと変わりました!

・大量にあるWindows用のフリーソフトが利用できるので、無料でできることが相当増える
・仕事で急にWindowsのソフトを使うことになっても、スムースに使えるので、仕事もはかどる
・システム間でフォルダが共有されるのでMac←→Windows間のデータのやりとりが簡単シームレスで作業がはかどる
・まるで 2 台のコンピューターを 1 台で使用しているかのようで二人分の仕事をこなすことができ、給料もアップする
・MacでWindows10動いた…敵キャラが味方になったカンジでなんか感動
・Mac使っている仕事できるヒトに見られる
・Mac 上で Windows アプリケーションが使える Coherence モードが快適すぎて、もうWindows パソコンには戻れない

ずいぶんと効率も上がりました…♪

使えないアプリなども中にはあるがMacのままより使い勝手が劇的によくなる

こんなイマイチなところ・デメリットもあるけれども…

・多くのディスク容量を使う⇒ディスク容量を増やす
・パラレルズ以外にWindowsのライセンスを購入しなければならない
・使えるスキルがどっちつかずになる
・電池の消耗はやはり増える
・Boot Campに比べると互換性の問題がある⇒アップデートで修正対応
・PCが重くなる
・費用がかかる

でも、多少は目をつぶってもいいかも…

macの処理速度を落とさずに高速にwindowsアプリを実行できる

こんな良いところ・メリットがあるから…

・ファイル共有が簡単
・再起動する手間がないので、MacとWindowsの切り替えの心理的な壁が低くなった。
・windows以外のLINUXなども使える
・MacとWindowsのPCを2台持ち歩く手間が省ける
・始め方インストールが超簡単
・Windowsユーザーとの意思疎通が可能
・BootCampと違い再起動が不要

なるほど!マイナスよりプラスの方が多い…♪

最後にこの製品の特徴をまとめると!

・Parallelsは完全無料のトライアル版があり、リスクフリーで試すことができる
・永続ライセンス版と1年間サブスクリプション版がある
・Boot Campの様に再起動すること無くMacとWindowsアプリケーションの切り替えができる
・高性能なマルチメディアプログラム群であるDirectX 11に対応しており、Windows用の3DゲームをMacでプレイすることも可能
・30日間の返金保証付き
・macOSの美しい見た目と使い勝手を維持するか、使い慣れ親しんでいるWindowsデスクトップのデザインに基づいた作業環境かを選ぶことができる
・Microsoft Officeなどの一般的なWindowsアプリケーションですぐに作業を開始できる

MacでWindows起動!

Parallels Desktop

■デメリット
・初期費用が高い⇒Windows PCを購入するより安い
・ストレージを圧迫する⇒机の圧迫感はなくなる
・メモリが重くなりやすい⇒必要ないアプリは終了で対応
・CPUスペックが必要⇒⇨最新のM1チップ搭載のMacなら快適
・電池の消耗はやはり増える
■メリット
・数秒でWindowsを起動できる
・再起動せずにWindowsのソフトを利用することができる
・MacとWindowsのPCを2台持ち歩く手間が省ける
・コピー&ペーストでデータの共有ができる
・MacでWindowsのゲームを楽しむことができる

-Macライフ